事務所 千葉県白井市平塚960(旧平塚分校内)
活動拠点(ベースキャンプ) 白井市平塚945 延命寺北側の林内

お気軽にお問合せください

047-404-3298
047-404-3298
活動日
月曜日・水曜日・土曜日
営業時間
10:00~15:00

トピックス(新着・イベント紹介)

里山まつりでの「やじろべえ工作」

こちらでは最近開催したイベントの報告と、今後開催予定のイベントついてご案内します。どうぞご参考になさってください。

2017年観察会の様子

ニホンアカガエルの卵塊

平塚地区の山王谷津田の冬水田んぼとその周辺で産卵時期を迎えるニホンアカガエル卵塊観察会を開催します。
2018年3月3日午前9時から12時まで
 

NPO法人しろい環境塾は、生息数減少が懸念される貴重なニホンアカガエルなど多様な生物の復活を目指して、白井市平塚地区の山王谷津田で「冬水田んぼ」を手掛けています。今年も生息状況を確認するために、「冬水田んぼ」とその周辺で産卵時期を迎える3月初めにニホンアカガエルの卵塊観察会を行います。実際に生息環境を観察でき、卵塊を探して触れてみる良い機会です。生きものの多様性や自然環境に触れてみる良い機会です。生きものの多様性や自然環境の保全などに関心のある方の参加をお待ちしております。詳細は上部リンクからチラシをご覧ください。

麦踏の様子

切干大根・人参干場

冬の恒例行事「麦踏」
麦栽培体験講習会「麦踏体験」
2018年2月10日
 

冬の恒例行事(風物詩?)の麦踏の体験講習を開催しました。今年は穏やかな天気の中で、体験講習会参加者としろい環境塾の会員とで総数10名で2枚の畑で麦踏を行いました。麦踏は秋に蒔き、芽が出た麦が冬の霜、乾燥等で持ち上がったものを押さえ付け、春からの成長に備えるために行います。当日はこれも恒例行事の切干大根を作る予定でしたが、夜からの雨の予報により、中止となりました。右の写真は先週の切干大根の干場風景です。

麦踏の後は、N川さんが石窯で焼いた焼き芋でお腹を温めました。サツマイモは去年しろい環境塾の畑で収穫したものを、地下の穴倉で保存・熟成させたものです。⒲

 

お手伝いと販売担当の会員

参詣者とお札等授与・出店

新しくなった写真パネル

平塚の延命寺の除夜の鐘と七福神のお手伝いと出店を行いました。
2017年12月31日から 2018年1月7日
 

今年も延命寺の除夜の鐘付きの受付と七福神のお札等の授与・しろい環境塾のミニ門松・そば粉・乾麺・黒豆きな粉・竹炭・竹細工等の出店販売を行いました。

31日は日中のみぞれ交じりの雨で天候不良でしたが、夜半には星空の下、除夜の鐘撞きを終えることができました。

3が日は多くの人が参詣に訪れ賑わっています。

七福神は7日の午前中まで行われますので、是非お越しくださり、環境塾の出店にもお立ち寄りください。

延命寺の本堂前ではしろい環境塾の活動内容を紹介するパネルの展示をしております。

今までよりも見やすくなったと自讃しております。

尚、本パネルはセブンイレブン記念財団の助成により購入し、作り上げることができました。(W)

ミニ門松の前で記念写真

しめ縄作りの実演を見学

平塚のベースキャンプで、ミニ門松としめ縄作り体験講習会を開催しました。
2017年12月23日土曜日
 

昨今の冬の寒さが少しだけ緩んだ様に感じられる中で、ミニ門松としめ縄作りの体験講習会を開催しました。参加者数は9家族14名で、会員の指導により始めました。午前中のミニ門松作りは、毎年恒例の会員と家族によるイベントも兼ねており、総勢40数名で賑やかに行われました。悪戦苦闘しながら、昼前に完成し、集合写真を撮りました。

午後はしめ縄作りです。藁の選別から始まり、縄ないの指導を会員による実演・指導を受け「ゴボウ〆」と輪の形のシメナワを作ることができました。

「ごぼう締め」には、手作りの紙垂(しで)をつけ完成です。

そば打ち実演と利用者

ケアホーム白井にて新そば打ちと食べる会を行いました。
2017年12月13日・14日
 

しろい環境塾からはそば打ち手が3人茹で手1人の4人が出向き、ケアホーム白井の利用者、両日とも約30人の見守る中、種蒔きから収穫まで行った2017年白井産の新そば粉を持参して、そば打ちを披露しました。

いろんな質問があり、どのくらい練習すれば一人前になるのか、一人前とは何gか、美味しいそばとは?、お答えには苦労するような質問もありました。

そば打ちの説明会も行い、会員のそば打ちの工程に従って詳しく解説して、皆さん興味深く聞いてくれました。

施設の係員のアドバイスで、茹で方はかなり柔らかくとのご要望により、通常の茹で時間のほぼ倍程度で行いました。

その後の試食会では皆さん美味しいと言って、なんとお替り3回の人もあったとか・・・

また来年も楽しみにしているからね、との言葉に勇気付けられ、お互いに元気でいましょうねと誓い合った日でした。(M)

講習生のそば打ち風景


そば栽培体験講習会・最終回
2017年12月9日 土曜日
旧平塚分校教室にて開催
 

12月9日(土)そば栽培講習会も最終回。栽培した玄そばを小諸の製粉所に送りそば粉にしていただきました。

今年はそば打ちが初めてという講習生が多い会でしたが美味しいそばが打てました。そば打ちスタッフも合わせ8キロのそばを打ち、講習会参加者、しろい環境塾会員、地元協力農家の皆様、合わせて50人前のそばを賞味しました。(O)

 

雨の中で懸命な販売

しろいふるさと祭りに出店しました
2017年10月21日(土曜日)
 

 今年のふるさと祭りは、生憎の雨模様の中、白井市市役所駐車場等で開催されました。

 例年にない秋の長雨と台風情報もあり、早々に22日(日曜日)の開催が中止となってしまいました。

 それでも、雨の中で来場のお客様に目いっぱい、栗の渋皮煮や黒豆の枝豆、落花生のおおまさりなど白井環境塾産品を販売し、ふるさと祭りへの出店販売を終えることができました。

ご来場ありがとうございました。

菊琴の調べ

食と音楽の祭典「第5回里山まつりin平塚」
2017年10月15日に開催しました
 

 今年の里山まつりは、生憎の雨模様の中、メイン会場を旧平塚分校の教室と校庭を借用して開催しました。

 森の音楽会は教室内で行われましたが、屋外の演奏よりも迫力満点でした。

 校庭では、白井環境塾産品の販売品テントを始め、地元農家さんの軽トラ販売、  ばらっぱ饅頭、ぽれぽれ・ちばさんの菓子等々、盛沢山の出店があり、好評でした。

 里山まつりは、お楽しみ抽選会を最後に無事終了しました。雨の中の開催で、様々な

問題点があり、来場者・出演者・出店者他各位にご迷惑をお掛けしました。

ご来場ありがとうございました。

そばの脱穀の様子

そばの栽培体験体験講習会開催
  2017年11月4日(土)
  2017年11月11日(土)

8月に種蒔きしたそばが収穫の時期を迎えます。今年は秋の長雨で、実りが芳しくないようですが、収穫体験講習会を開催します。

11月4日はそばの刈入れと畑での乾燥

11月11日はそばの脱穀とさらに乾燥させます。

場所は十余一のそば畑です。

小麦の種蒔き風景

麦栽培体験講習「小麦・大麦の種蒔き」
2017年11月18日 土曜日

 

しろい環境塾のファーム十余一で、来年6月に収穫する小麦・大麦の種蒔きを体験していただきます。

集合は9時30分に活動拠点(ベースキャンプ)白井市平塚945 延命寺北側の林内に集合午前中で終了します。

会費は1人300円(保険料・資料代)

服装は畑で活動できる服装でお越しください

参加希望の方はこのホームページ最上部右の問い合わせ先へ電話・ファックス・メールでご連絡下さい。

尚、この麦栽培体験講習会は、冬の麦踏、夏の収穫、秋の調理体験へ続きます。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

047-404-3298

ファックスでのお問合せはこちら

047-404-3298
活動日
月曜日・水曜日・土曜日
営業時間
10:00~15:00